妙蓮寺の角塔婆を鉋掛け

善部町の妙蓮寺で、お会式で使われる角塔婆に今年も鉋掛けをさせて頂きました。

鉋は木肌を滑らかにする道具です。鉋使いによって大工の技量が推し量れるとも言われております。刃を作って?年、台を作って?年と年季が要る道具です。妙蓮寺お会式ではこの角塔婆をシンボルとして参道の中心に立てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA